2ちゃんねるから気になったニュースをご紹介♪

旧ぴろり速報2ちゃんねる(2chニュースまとめブログ)


ぴろり速報2ちゃんねるは引っ越しました。
新ブログ→http://pirori2ch.com/


[ 光市母子殺害事件 ] のタグを含む記事

スポンサーサイト

--/--/--(--) はてなブックマーク数はてなブックマークに追加 スポンサー広告 コメント(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光市母子殺害事件 WOWOWでドラマ化

2010/07/05(月) はてなブックマーク数はてなブックマークに追加 テレビ・ラジオ コメント(0)
1:◆KOSTI/KK5w :2010/07/05(月) 19:56:10 ???0

山口県光市で1999年に起きた母子殺害事件を題材にしたドラマ「なぜ君は絶望と闘えたのか」を今秋、WOWOWが放送する。監督は、松本清張原作「点と線」など数々の秀作ドラマを手がけた石橋冠。「事件は結審しておらず、時の試練も経ていない。(実際に)起きたことを断定できない怖さがある」とドラマ化の難しさを語りつつ、覚悟を決めて描いたという。

「プレッシャーを感じている」。石橋が、そう語る物語の原作は、フリージャーナリスト門田隆将さんの同名ノンフィクションだ。残忍な事件発生から裁判にいたるまでの、遺族の本村洋さんの苦悩、苦難の道のりをつづっている。

「ドラマをつくる人間なら必ずほれる本」と監督は言うが、死刑判決を受けた元少年が最高裁に上告中で、しかも、メディアスクラムなどのマスコミ批判も含んでいたため、ドラマ化を断念したテレビ局もあったという。報道部門を持たず、民放のようなスポンサーへの配慮が不要な点も、ドラマ化を後押ししたといえる。

「一人として傷つけることのない作品を作ろう」と、さらなる難題を自身に課した。元少年やその弁護団を含めた登場人物それぞれに、「いかに人間の本質的な魂を付加するかを考えた」と語る。個としては職に懸命だが、全体から見ると組織や制度にゆがめられているという現実の姿にも目を向けたという。

昨今のドラマへの注文も込めて、述べる。「勇気が失われている。ドラマの面白さは逸脱することなのに、無難なものが量産されている。僕は年だから『永久追放されてもいいか』と覚悟を決めた」

主人公のジャーナリスト役に江口洋介。本村さんがモデルの遺族役は真島秀和。ほかにミムラ、木村多江、小沢征悦らが出演する。

9月25、26日午後9時から2夜連続で放送予定だ。(田玉恵美)

http://www.asahi.com/showbiz/tv_radio/TKY201007050253.html
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。