FC2ブログ
2ちゃんねるから気になったニュースをご紹介♪

旧ぴろり速報2ちゃんねる(2chニュースまとめブログ)

ホーム 芸能ニュース → AKB48×週刊文春 AKB側が圧倒的に有利なワケ

ぴろり速報2ちゃんねるは引っ越しました。
新ブログ→http://pirori2ch.com/


AKB48×週刊文春 AKB側が圧倒的に有利なワケ

2010/06/02(水) はてなブックマーク数はてなブックマークに追加 芸能ニュース コメント(0)
AKB48 巨額賠償の本音と裏

AKB48関連会社である「AKS」及び、社長個人が週刊文春の”篠田麻里子の愛人騒動”について、週刊文春発行元である文藝春秋や記者に対し、約1億5千万円の巨額の賠償金請求をする裁判を起こした。

過去には相撲協会と講談社の巨額裁判はあったが、単なるアイドルグループが起こす裁判としては異常なほどの請求額だ。

「週刊文春の記事が出た直後から、この裁判の話は出ていました。この裁判には秋元康氏はほぼ関わっていないようで、裁判を起こしたのは誰なのか?また、総選挙の直前に裁判を起こすことでマイナスイメージがつかないのかなど、不安はあります・・・。芸能界の重鎮たちには『裁判は辞めた方がいい』と助言をした人物もいると聞きます。正直、芸能界のいままでの暗黙のルールからするとちょっと考えられない動きですね」(週刊誌記者)

現在、AKB48に批判的なメディアは、ネットやモバイルサイトを除けば、週刊文春くらいのもの。

「AKB48の批判記事や熱愛記事を載せるよりも、グラビアを載せた方が売れる。なので、週刊文春以外は”いい提携”をしている状態。これで週刊文春を裁判で抑え込めば、ほぼメディアは抑える形になりますね」(同上)

そもそも勝ち目はあるのか?

「正直、1億5千万円がそのまま払われるわけではなく、芸能裁判の例から言えば最終的には数百万円で収まるかと思います。ただ、今回は名誉棄損がメインになると思われるので、文藝春秋側は圧倒的に不利です。芸能人の名誉棄損で報道側が勝つということはほぼない。謝罪広告で和解はあっても、AKB48側が負けることはないと思います」(芸能ライター・小林真一)(芸能ナックルズ)

週刊文春がどこまで食い下がってくれるのか?それとも裁判に勝ち、さらに勢いに乗るのか?今後の展開に注目だ。
2010/06/02(水) 18:08 はてなブックマーク数はてなブックマークに追加 芸能ニュース コメント(0)
この記事のコメント
コメントを投稿






管理者にだけ表示を許可する

※「http」を禁止ワードに設定しています。URLを書き込む場合は hを除いた「ttp://~」でお願いします。